ホーム / 臨床サービス&人間工学 / モビリティー・ギャラリー(介護度表) / カールさん(C)

カールさん(C)


カールさんは、介助なしでは日常の活動を行うことが出来ません。しかし、院内活動に貢献あるいは活動の一部を自立して行うことは可能です。特別な予防措置を取らずに介助を行えば、介護者に物理的な負荷をかける危険性があります。過度な負荷は、手作業の安全な範囲もしくは静止荷重を超過しています。このようなケースでは、介護者の負荷を安全なレベルまで低減する機器を使用することが必要です。同時に、これらの施設入居者は積極的に動作に貢献することが出来るので、入居者はこの能力をできる限り維持、改善していくことが重要です。このような事例で行われる補助としては、起立・立位補助器を用いた移動が挙げられます。残存する能力の刺激し、可動性の悪化の進行を
遅らせる事が極めて重要です。


特徴
• 通常車椅子を利用している
• 少なくとも片足にて体重を部分的に支える事が可能
• 座位の安定性がある程度ある
• 多くの状況で介助の必要がある 


 カールさんに最適な製品:


リフト及び移乗用機器
Maxi Roll(マキシロール)
Maxi Transfer(マキシ・トランスファー)
Maxi Tube(マキシチューブ)
MaxiSlide – Sheet(マキシスライド-シート)
Sara 3000(サラ3000)
Sara Stedy(サラ・ステディー)
Stedy(ステディー)
衛生システム
Alenti(アレンティ)
Carendo(カレンド)
Carino(カリノ)
Classic Line(クラシックライン)
Malibu(マリブ)
Parker Bath(パーカー・バス)
Primo Ferro(プリモ・フェロ)
Rhapsody & Primo(ラプソディー&プリモ)
This website is intended to provide information to an international audience outside of the US. | Terms of Use | Privacy Statement