ホーム / 臨床サービス&人間工学 / DVT予防(深部静脈血栓症予防)

深部静脈血栓症(DVT)と肺塞栓(PE)を包含する静脈血栓塞栓症(VTE)は、重大な国際的健康問題であり、特に入院患者に及ぼす影響は多大です。入院患者はその他の人々と比較すると、100倍以上の確率で静脈血栓塞栓症(VTE)を発症することが分かっています1 

 


医療専門家

静脈血栓塞栓症(VTE)病態生理
静脈血栓塞栓症(VTE)形成に関わる病理過程の概要

理学的予防法による静脈血栓塞栓症(VTE)予防
塞栓防止ストッキング(AES)の予防メカニズムと間欠的空気圧迫(IPC)

合意表明およびガイドライン
国内外のベストプラクティス・ガイドラインの事例
 

 


患者情報

深部静脈血栓症(DVT)について
病気になった人あるいは手術を必要とする人は脚に血塊が生じることがあるが通常はその兆候がなかなか見られない。

治療の選択肢
深部静脈血栓症(DVT)あるいは脚の血塊は年齢を問わず発症するが、自分で行う簡単な動作や、医師や看護師の指示で行う予防処置で防ぐことが可能。 

 

1. Heit JA, Melton LJ, Lohse CM, et al. Incidence of venous thromboembolism in hospitalized patients vs. community residents. Mayo Clinic Proceedings. 2001; 76(11): 1102-1110.

 

 

This website is intended to provide information to an international audience outside of the US. | Terms of Use | Privacy Statement