ホーム / 会社概要 / 弊社のお客様

弊社のお客様


 
At the centre of our activities we place the residents and patients that are cared for using our equipment. We also place great value on the welfare of  healthcare professionals that care for them. Our products, programmes and services are designed with these people in mind.

Our task is threefold. We shall provide solutions that
- improves the quality of life for residents/patients
- creates a better working environment for the nursing staff
- reduces the cost of care.


CUSTOMER SEGMENTS

We find our customers in three main segments of the market:Long term care (50%), Acute Care (40%) and Home Care (10%).

Long Term Care
Where we provide solutions within hygiene, patient handling, beds, p, disinfection, rehabilitation, and do our best to reduce the risk for immobility related conditions for the patient as well as ergonomics for the carer. For clinics and general practitioners, we also provide diagnostic equipment.

Acute Care
Where we provide solutions within hygiene, patient handling, beds, pressure area care, burns treatment, DVT prevention, disinfection, rehabilitation and diagnostics. Also here it is very important to reduce the risk for immobility related conditions for the patient as well as ergonomics for the carer.

Home Care
Where we mostly provide solutions within patient handling and pressure area care. But if the need is there, also more sophisticated hygiene solutions and diagnostic equipment.

In the long-term care and acute care segments, we work through a direct sales force, whereas in home care (our smallest sector), we mainly work through distributors and dealers.
We are committed to provide the highest level of service and support to customers world-wide. We are constantly expanding our service and rental offering, and we give our customers availability 24 hours a day, 365 days a year.

 

END USERS 

Residents/patients
All people have a basic need to be able to move and to take care of their personal hygiene. We all get out of bed in the morning, we all need to go to the bathroom etc. The same thing is naturally true for residents and patients, the only difference being that they need assistance to do this. The level of assistance needed, however, differs markedly  between different residents/patients since they have varying  levels of mobility. Some may be able to walk with assistance, whereas others have no capability to move at all. In a hospital  setting, the level of mobility can change rapidly for the individual patient. Before major surgery, the patient may be fully mobile, but  they may become   bedridden immediately after surgery and then gradually regain mobility .

During the period with reduced mobility, we provide the best solutions to reduce the risk for skin-break down, DVT, pneumonia and other immobility related illnesses. Psychological as well as physical.

It is important that the resident/patient receives the right level of support - not too little and not too much. If a resident with fairly good mobility receives too much support, he or she will start losing the capabilities he/she has and will require increasingly more support. For this reason, our products are developed to suite specific mobility levels.

To be able to discuss and communicate the different mobility levels, we have developed the Mobility Gallery with different characters illustrating the five different mobility levels. Since we are working with a range of different facilities, there are multiple characters illustrating the same mobility level, see below

Carers
The manual handling of residents/patients involves a very high risk of injuries for the nursing staff. Back and neck injuries are common, creating pain and suffering on a personal level, forced sick-leave and high costs for society.
Carers are exposed to two basic type of risks: dynamic load which occurs when they are manually handling residents/patients, and static load which occurs when they are working in incorrect postures for an extended period of time, for instance when showering, bathing residents/ patients in fixed height equipment or working around the bed.
It is therefore important that carers are provided with lifting equipment that eliminates the exposure of dynamic load, and height adjustable equipment such as bathing equipment, showering equipment and beds so that they can work in safe working positions. To ensure that the use of our equipment leads to a reduction of work-related injuries we also offer injury prevention training programmes for nursing staff such as CORPUS and DILIGENT.
In addition to provide a good and ergonomically safe working environment, it is important that our equipment helps carers in the daily work by increasing clinical efficiency. Ease of operation is also important.


私どもは、弊社が提供する機器により介護を受けられている、施設入居者および患者の方々を活動の中心と考えています。同時に、私どもは、施設入居者および患者の方々を介護する医療従事者の福利厚生を重視しています。弊社の製品、プログラム及びサービスは、これらの方々を念頭に置いてデザインされています。


私どもの任務は3本柱から成り、以下のソリューションを提供します。
―施設入居者・患者の生活の質の向上
―看護スタッフのより良い作業環境の創出
―介護費用の削減


顧客セグメント
アルジョハントレーの顧客は主に、介護(50%)、救急治療(40%)および在宅医療(10%)の3つの市場セグメントに分類されます。
 

介護
衛生、患者及び施設入居者の介助、ベッド、褥瘡管理、消毒/衛生管理、リハビリテーションの分野におけるソリューションを提供し、患者の不動性状態によるリスク軽減、また介助者の人間工学的作業環境創出のために最善を尽くします。さらに、診療所および一般開業医には診断機器を提供しております。

救急治療
衛生、患者及び施設入居者の介助、ベッド、褥瘡管理、熱傷(やけど)ケア、深部静脈血栓症予防、消毒/衛生管理、リハビリテーション、および診断の分野におけるソリューションを提供します。この分野においても患者の不動性状態によるリスク軽減、また介助者の人間工学的作業環境創出も重視しています。

在宅医療
主に患者及び施設入居者の介助および褥瘡管理におけるソリューションを提供していますが、ニーズにより、より高度な衛生ソリューションおよび診断機器も提供しています。


(グローバルでは)介護および救急医療の分野においては、自社営業部隊(日本は適用外)を通じて業務を行っていますが、在宅医療に関しては(グループにおける最小事業領域)、主に代理店およびディーラーを通じて活動しています。


私どもは、全世界のお客様への最高レベルのサービスおよびサポートの提供に全力で取り組んでいます。弊社はサービスおよびレンタルの提供を絶えず拡大しており、お客様には弊社のサービスを(グローバルでは)年間365日24時間ご利用いただけるようになっております。


エンドユーザー


施設入居者および患者
体を動かすこと、また体の衛生を保つことは、全ての人に共通した基本的ニーズです。私たちは皆、朝ベッドから起き上がり、トイレに行くなどします。同様のことが施設入居者および患者に当てはまりますが、唯一の違いは、上記の方々には補助が必要だということです。しかしながら、必要とされる補助のレベルは施設入居者・患者によって異なります。というのも、それぞれの施設入居者および患者が異なる可動性レベルを持っているからです。補助があれば歩くことが出来る人もいれば、動くことが全くできない人もいます。病院内では、個々の患者の可動レベルは急速に変化します。大手術の前は完全に可動性がっても、手術後は寝たきり状態になり、それから次第に可動性を取り戻していきます。


可動性が低くなっている間、私どもは皮膚の損傷、深部静脈血栓症、肺炎、および他の不動性状態に関わる病気のリスクを低減させる、心理的にも物理的にも最高のソリューションを提供します。


施設入居者および患者が、多過ぎず、少な過ぎず、適切なレベルのサポートを受けることは重要です。高い可動性レベルの入居者が過度なサポートを受ければ、逆に既に持っている能力を失ってしまい、さらに多くのサポートを必要とするようになってしまうこともあります。そのため、弊社の製品は特定の可動性レベルに合わせて開発されています。


異なる可動性レベルについて検討するために、私どもは、5つの異なる特性が5段階の異なる可動性レベルを説明する、「モビリティ・ギャラリー」を開発しました。私どもは広範囲の異なる施設で仕事をしているため、同じ可動性レベルを説明する多数の特性が存在します。
 

介助者
手作業による施設入居者および患者の介助は、看護スタッフが負傷するリスクを伴います。背中と首の負傷はよくあることで、個人レベルでは痛みと苦痛、病欠により地域社会にとっては高い出費をもたらします。


介護者は、入居者・患者を手作業で動かす際の動的負荷、また長時間に渡り正しくない姿勢で作業を行う際に生じる静的負荷という、二つの基本的な危険にさらされています。これらは高さが固定の機器を用いて入居者・患者のシャワー・入浴を補助する際、ベッドの周りで作業を行う際に生じます。
 

そのため、動的負荷に身を晒す必要のない昇降機器や、入浴設備・シャワー設備のような高さ調節が可能な機器、さらに、正しい姿勢で安全な作業が行えるベッドを介護者に使用してもらうことが必要です。弊社が提供する機器により業務上の負傷を確実に軽減出来るよう、私どもは障害予防訓練プログラムを提供しています。
 

正常かつ人間工学的に安全な作業環境を提供することに加え、弊社の機器が臨床効率の向上により介護者の日常の作業を助けること。どちらも私どもの重要な業務です。


This website is intended to provide information to an international audience outside of the US. | Terms of Use | Privacy Statement